WEBサイトを作る上で必要な脆弱性診断

WEBに穴が無いか脆弱性診断 プログラミングなどをしてWEBサイトを作る場合きちんとセキュリティをしっかりしないといけません。そうしないと例えばデータベースなどを使っている場合、WEBサイトの投稿フォームなどからプロのプログラマーやハッカー、クラッカーなどから簡単にデータを破壊されたり、パスワードを盗まれたりします。そこで役に立つのが脆弱性診断です。この脆弱性というのは自分のWEBサイトのセキュリティレベルがどういうものかを診断してくれるのです。今では数多くのツールなどが多いので試してみてもいいかもしれません。

どういうものが脆弱性のサイトかというと、簡単に言えば、投稿フォームに画像などが投稿できたとします。そこで画像だけを投稿することができるようにしなければいけません。そこにpdfやtxtなどを投稿できたとすると、いろんなものが入り混じってかなり危険な投稿フォームになってしまいます。脆弱性診断というのはそういう小さな危険なことからWEBサイトを作る上でかなり必要になってくるのです。特にプロのプログラマーや、ハッカー、クラッカーは危険な存在です。それはなぜかと言うと、プロのプログラマーやハッカーはそのプログラミングやスクリプトタグと呼ばれるプログラムの言語をほとんどを理解しているので、どうやればそのWEBサイトにイタズラできるかとか、その投稿フォームからデータベースのパスワードを盗めるとかいろんなことを考えるのです。一番多いのが数あたり攻撃です。つまりログを盗んで可能性のあるものを大量に打ち込んでHITさせる方法です。WEBサイトを公開するうえではきちんと脆弱性診断はしなければいけません。

お役立ち情報

Copyright (C)2019WEBに穴が無いか脆弱性診断.All rights reserved.